弁護士費用特約

人身事故で入通院をした場合にはそれに対して補償を受ける権利を得ますが、そのための補償は金銭的な方法によってされるものです。特に後遺障害を背負ってしまった場合にはより金額が多くなるものです。そうなると裁判を起こすようなケースが多く、示談金も高額になる傾向にあります。

交通事故の裁判を起こすと弁護士費用が掛かりますし、また最終的に得られた示談金が高額になると弁護士費用も比例して高額になってしまいます。示談金が高額になるのはいいのですが、弁護士費用が高額になると、最終的に受け取る金額が低くなるのではと不安になるものです。そんな事態に備えて任意保険につけておきたいものとして弁護士費用特約があります。

弁護士費用特約は最近どの保険会社でも提供している特約の1つで、弁護士の相談料や報酬を限度額内で支払ってくれるというものです。弁護士に相談をした場合には相談料を支払います。弁護士費用特約を付けていれば、相談料を限度額内で支払ってくれます。また裁判を行った場合、着手金や報酬を限度額内で支払ってくれます。特に裁判を起こした場合の弁護士費用は高額になりがちなので、弁護士費用特約を付けておくと大きなメリットを感じます。

弁護士費用について

交通事故で人身事故扱いになった場合には、通院や入院をすることが想定されます。そうなるといずれ慰謝料や入通院交通費などを含めた示談金の交渉を行うことになります。しかし示談については個人が保険会社と行ったとしても満足できる結果を得ることは難しいものです。保険会社は保険のプロですから、示談金を多く支払ってくれることはありません。できるだけ低額に抑えようとします。そのため不安や怒りを感じたりするものです。

示談では適切な慰謝料を獲得しなければなりませんが、そのために役立つのが弁護士です。弁護士に依頼をする際に気になるのが料金でしょう。まず単に相談だけをする場合、30分や1時間単位で相談料を支払います。1万円や5000円など、決まった料金設定となっています。相談料は無料と設定している法律事務所もありますので、焦らず探すことも大事です。

弁護士バッチの写真
画像引用:交通事故慰謝料の無料相談~アディーレ~

相談をして代理人になってもらった場合には着手金と報酬を支払うことになります。まず着手金ですが、これは10万円など決まった金額になっていたり、また回収額の数%となっていたりする弁護士事務所もあります。また裁判などを行って示談金を得た際には、それに対してある一定の割合の報酬を支払うことになります。多くは弁護士に依頼したほうがはるかに高額の示談金を得られるので、報酬が高くなっても十分にメリットがあります。

人身事故と弁護士

交通事故になったら物損事故か人身事故のどちらかになりますが、物損事故では一般にはけが人が発生しない事故となります。これに対して人身事故ではけがをした人がいるということになります。人身事故になったら通院や入院をすることになります。そのあと後遺障害に認定されるようなケースもあります。人身事故になったらそれに対する補償を受けることになります。金銭的な補償を受けることで示談が終了しますが、ケースによっては高額になってしまって弁護士に代理人になってもらうこともあります。

弁護士に相談や代理人になって仕事を依頼すると費用が発生します。まず相談をした場合、30分や1時間間隔で相談料が発生します。具体的な金額は弁護士事務所によって異なります。また相談を行って弁護士に代理人になってもらう場合、着手金と報酬が発生します。着手金は最初の時点で支払うことになります。最近では着手金は請求しないという弁護士事務所も増えてきています。また示談金を獲得した時点で報酬を支払うことになります。

弁護士に支払う費用は示談金が高額になるとそれに比例して高くなります。そのため費用面で不安になることが多いものです。そんな場合に備えて任意保険につけておきたいものとして、弁護士費用特約があります。これは相談料や着手金、報酬について支払限度額内で支払ってもらうというものです。このサイトでは人身事故時の弁護士費用について説明をしています。万が一のときに備えて、知識を得ておくことが大切です。