弁護士費用について

交通事故で人身事故扱いになった場合には、通院や入院をすることが想定されます。そうなるといずれ慰謝料や入通院交通費などを含めた示談金の交渉を行うことになります。しかし示談については個人が保険会社と行ったとしても満足できる結果を得ることは難しいものです。保険会社は保険のプロですから、示談金を多く支払ってくれることはありません。できるだけ低額に抑えようとします。そのため不安や怒りを感じたりするものです。

示談では適切な慰謝料を獲得しなければなりませんが、そのために役立つのが弁護士です。弁護士に依頼をする際に気になるのが料金でしょう。まず単に相談だけをする場合、30分や1時間単位で相談料を支払います。1万円や5000円など、決まった料金設定となっています。相談料は無料と設定している法律事務所もありますので、焦らず探すことも大事です。

弁護士バッチの写真
画像引用:交通事故慰謝料の無料相談~アディーレ~

相談をして代理人になってもらった場合には着手金と報酬を支払うことになります。まず着手金ですが、これは10万円など決まった金額になっていたり、また回収額の数%となっていたりする弁護士事務所もあります。また裁判などを行って示談金を得た際には、それに対してある一定の割合の報酬を支払うことになります。多くは弁護士に依頼したほうがはるかに高額の示談金を得られるので、報酬が高くなっても十分にメリットがあります。