弁護士費用特約

人身事故で入通院をした場合にはそれに対して補償を受ける権利を得ますが、そのための補償は金銭的な方法によってされるものです。特に後遺障害を背負ってしまった場合にはより金額が多くなるものです。そうなると裁判を起こすようなケースが多く、示談金も高額になる傾向にあります。

交通事故の裁判を起こすと弁護士費用が掛かりますし、また最終的に得られた示談金が高額になると弁護士費用も比例して高額になってしまいます。示談金が高額になるのはいいのですが、弁護士費用が高額になると、最終的に受け取る金額が低くなるのではと不安になるものです。そんな事態に備えて任意保険につけておきたいものとして弁護士費用特約があります。

弁護士費用特約は最近どの保険会社でも提供している特約の1つで、弁護士の相談料や報酬を限度額内で支払ってくれるというものです。弁護士に相談をした場合には相談料を支払います。弁護士費用特約を付けていれば、相談料を限度額内で支払ってくれます。また裁判を行った場合、着手金や報酬を限度額内で支払ってくれます。特に裁判を起こした場合の弁護士費用は高額になりがちなので、弁護士費用特約を付けておくと大きなメリットを感じます。